【初心者向け】半導体業界の関連個別銘柄

Sponsored Link

この記事では、半導体業界に関連する企業をざっくり紹介していきます。

 

【Intel

「インテル、入ってる」でお馴染みのIntel。

CPU=中央演算処理装置はパソコンの脳みそとも言われており、Intelのチップが無ければPCは作れないと言われるくらいに。

現在、割と最先端のレシピで失敗し、歩留りが上がらず欠品の嵐。

→異例の謝罪レターが取引先に送付された模様。

 

【AMD

業界通の方イチオシのAMD。

やってることはIntelとほぼ同じですが、Intelと違って、自分たちはチップの回路設計だけを行い、台湾の受託生産会社のTSMCにチップの生産を依頼。

「チップレット方式」の成功やIntelの欠品もあってCPUのシェアが爆上がり。

株価も急騰昇竜拳モードに。

 

【TSMC

今や世界最先端の技術でチップを生産出来るのはIntelではなく台湾の受託生産会社TSMC。

私は健全な競争を期待していますが…TSMCはEUV露光装置を大量購入し、チップの生産でぶっちぎりのトップへ。

HuaweiやAppleもが惚れ込んだEUV露光。

みんなここにチップの委託生産をし始めています。

 

【サムスン電子

記憶領域を平面から立体に、高層タワーのように積み上げた3D-NAND型フラッシュメモリの世界最大手。

キオクシアの競合です。

GAFA等がクラウド用のデータセンターを建設すると、メモリが必要になるので、Intelを抜いて業界1位になったりします。

ここの回路設計者は転職し放題。

 

【キオクシア

旧東芝メモリ。

東芝最後の虎の子と言われたNANDメモリの世界的企業。

…なんですけど、流石にサムスンには勝てず。

もともと3D-NANDは東芝が発明したんですけどね。

技術力はあるので、逆転の芽が無いわけでは無いと思っています。

ちなみに社長は最近交代になりました。

 

【SKハイニックス

サムスンに並ぶ韓国の双璧。

専門はやはりメモリで、キオクシアの競合。

日本の半導体製造装置は、韓国2社にかなり売っているので、喧嘩は良くないですよ。

最近はSONYの真似をして、サムスンと並んでCMOSの生産も始めました。

メモリの過剰在庫だった19年度は大変でしたね。

 

【マイクロン

前述3社に並ぶメモリ四天王の一角。

但し、キオクシアとは異なり、DRAMというRAMチップの雄。(もちろんDRAM/NANDを両立しています!)

旧エルピーダメモリの後を継ぎ、広島にも工場がある。

最近は韓国勢の方が目立っているように感じるが、虎視眈々と次のステージでの覇権を狙っている。

 

【Qualcomm

クアルコム。この会社は有名な「snapdragon」いわゆる「スナドラ」というSoC(System-on-a-chip)=集積回路の設計会社。

これは、スマホの司令塔のような役割で、最先端的用語で言えば、AIチップ。

生産は最先端装置が揃う台湾のTSMCへ委託。自分たちは回路設計で稼ぐスタイル。

 

【HiSilicon

ファーウェイ傘下のハイシリコン。

遂に中国勢が登場。この会社はQualcommの競合で、回路設計の会社。

生産は同じく台湾のTSMCへ委託。

近のファーウェイのスマホが超高性能なのは、TSMCで作ったSoC「Kirin」が搭載されているから。

もちろん、ライバルは「スナドラ

 

【ルネサスエレクトロニクス

その昔インテルとタメを張っていた日本の半導体大手であるNEC、日立、三菱電機の連合企業。

ロジック半導体という思考したり計算する脳みそを生産。

トヨタへの独占供給チップを持っているのに、大人の都合なのか、値上げせずに薄利に苦しんでいるのは個人的に謎。

 

【NVIDIA

エヌビディア。AIや仮想通貨マイニング用のチップ、ゲームPC用のチップを生産するなど、流行に乗っかるのが上手い回路設計メーカー。

最近はe-sportsの普及で、高性能PC用のチップが売れています。

結構な資本をゲーム用チップ設計に投下。

米中のプロゲーマー御用達のチップな模様。

 

【SONY

スマホのカメラが表裏で6つ!?中国の監視カメラが6億台!? 画質を整える特殊なチップ。

人間の目で言う網膜。

それがCMOS=イメージセンサー。

需要過多で作り切れず、TSMCにも外注委託を開始。

遂には日本の半導体メーカー首位に

今や日本の回路設計者の7割はソニーの社員なんだとか(笑)

 

【Apple

Android勢はQualcommのSoCチップを使うしか無い中、iPhoneには独自開発の「Aシリーズ」のSoCチップを搭載。

そう、Appleはただのスマホメーカーでは無く、半導体の回路設計会社でもあるのです。

製造はTSMCへ外注。

ちなみにiPhone本体は中国の鴻海(ホンハイ)=Foxconnで生産。

 

【NXP Semiconductors

オランダって、欧州の半導体大国なんです。

NXPはエンジン制御等に使う車載用チップに強い世界的な大企業。

スマホに強く、車載用に弱いクアルコムが買収しようとしましたが、中国の妨害工作で断念。

相思相愛だったんですけどね。

ここにも米中貿易戦争の火種が…。

 

【Broadcom

ブロードコムはとにかく買収で巨大化してきた半導体メーカー。 主に無線や電子商取引を制御するチップを生産している回路設計会社です。

生産はTSMCなど。

Qualcommを買収しようとしましたが、トランプ大統領が、STOP。

そう、これも米中貿易戦争に関連しているんです。

 

【インフィニオンテクノロジーズ

エンジンやモーターを制御する車載用半導体を得意とする欧州の巨大企業。

同業であるサイプレスを買収したことで、車載半導体の売上高は世界1位。

NXP、ルネサスを上回ります。

期待の大きいパワー半導体分野では、300mmウエハーで生産出来るの強み。

 

【アプライドマテリアルズ

世界最大の半導体製造装置メーカー。AMAT=Aマットと呼ばれる。

髪の毛より細い回路を形成するには、その辺のボロい装置じゃ超精密な装置を、何十種類も買ってきて作るのです。

AMATはエッチング、成膜(注1)など、複数の装置を販売。

 

【Lam Research

エッチング装置と言えばラムリサーチ。

同装置はAMAT、東京エレクトロンと3社で市場を3分しているような状況です。

東京エレクトロンは昔ここの技術をパクったお陰で今の規模になったのだとか。

ちなみに半導体のエッチングは、東芝やサムスンのNANDの製造で大量に使用します。

 

【東京エレクトロン

日本最大の製造装置メーカー。

東エレ、TELとも略す。

東北、山梨、九州に工場があり、作っている装置はバラバラ。

半導体スーパーサイクルの日本の先頭は間違いなくこの会社。

ボーナスも凄い。実力主義気質アリ。

当然、IntelやTSMC、東芝などのチップ製造会社がお客さん。

 

【ディスコ

ボーナスの高さ、社内仮想通貨などで有名になりつつある異色の会社。

難削材を「切る」ことに特化した加工装置メーカーで、刃物も販売しています。

半導体後工程で指折りの優良企業だと思っています。

東京は大田区に本社があるので、就活生は説明会に行ってみては如何でしょうか?

 

【アドバンテスト

名前の通り、テスト装置メーカーです。

半導体チップの回路はナノ単位の世界。

銅線→回路に正しく電気が流れるか精密な検査が必要。

アドバンテストはテラダインと並ぶ2大メーカーになります。

工場は群馬県。

どちらかと言うとSoCよりもメモリのテストの方が得意な模様。

 

【SCREENホールディングス

旧・大日本スクリーン製造。

半導体分野では洗浄装置メーカー大手です。

半導体のチップは、少しのゴミや汚れがNGなので、各工程毎にウエハーを洗浄しながら作ります。

ちなみに韓国市場では、合弁のSEMESから技術を盗まれ、サムスンへのシェアを失いました。

 

【荏原製作所】

ポンプでも有名な会社ですが…。

半導体分野では、ウエハーを平坦にするCMP装置で世界大手メーカーです。

まあ要するに、エッチング後に、ウエハーの表面をゴリゴリ削って平らにするワケです。

ウエハーが斜めになってたら精密な回路を作れませんからね。

 

【東京精密

検査装置とダイシング(切る)装置で活躍している装置メーカー。

後工程の製造装置メーカーの中では大きく、前工程のCMP装置も製造しています。

海外でのシェアを伸ばす為に、ACCRETECH(アクレーテク)というブランド名を前面に押し出しています。

 

【日立ハイテクノロジーズ

日立の製造装置メーカー。メインは主に2種類。

①ウエハー表面検査装置 ②エッチング装置 電子ビームをウエハー表面に当てて検査する装置は世界的に高いシェアを誇ります。

エッチング装置は、Ram, TEL, AMATの3強には及びませんが、コツコツシェアを上げている模様。

 

【ニコン

オランダのASMLに4年で露光装置のシェアを奪われてしまった理由。

それは「動きが遅いから。」日本企業あるあるですね。

例えば、ASMLでは装置を納入して3ヶ月でチップ量産開始出来ますが、ニコンの装置は装置を入れても現場の調整調整で半年〜1年以上掛かったと聞いています。

 

【キヤノン

カメラメーカーのキヤノンとニコンは、その現像技術を応用して、露光装置の世界的企業でした。

今となってはASMLに負け、液晶パネル製造の露光装置(半導体と作り方が類似)の方で何とかシェアを守っています。

一方、キヤノントッキは有機ELの蒸着装置で独占。こちらはボロ儲け中。

 

【レーザーテック

最先端技術「EUV露光」これのフォトマスクの表面の検査装置で独占の最強企業。

TSMCが世界で最初にEUV露光プロセスの量産を開始しており、回路設計メーカーからも評判が非常に良いです。

今後のトレンド。

必然的にレーザーテックの検査装置も買われます。

株価は完全に昇竜拳

 

【信越化学

ウエハーの材料メーカーで日本を代表する優良大手化学メーカー。

ウエハーは色々な材質が採用されますが、現在はSi=シリコン(ケイ素)が主流で、余計な物が混じっていない純度100%に出来るだけ近いウエハーが求められます。(99.99999999999…%) 信越のシェアは圧倒的で、世界最強。

 

【SUMCO

半導体シリコンウエハーの双璧。

無くてはならないシリコンウエハーですが、SUMCOと信越化学と合わせて60%以上のシェアがあります。

鉄鋼のように値崩れが起きて業界が崩壊しないのは、2番手にSUMCOがいるからこそ。

信越との差は、鉱山保有や硅石の採掘の有無などですね。

 

【東京応化工業

売上高約1000億円の規模感である東京応化ですが、業界では重要な材料メーカーです。

こちらもレジストに強く、JSR、信越、住友化学、富士フイルムと合わせて日本勢の世界シェアは9割。

注目は、韓国にEUV露光用のレジスト工場を持っていること。

狙いはサムスンですね。

 

【ダイフク

関西の雄、物流のダイフク。大阪~福知山が名前の由来だったような記憶があります。笑

半導体業界では、クリーンルームの建設で有名です。

中国が半導体と液晶パネルの製造工場を建設ラッシュさせた時、めちゃくちゃ儲かりました。

半導体はナノ単位の世界なので、ゴミどころか髪の毛や塵一つも許されず、クリーンルームはマストです。

 

【KOKUSAI ELECTRIC

旧・日立国際電気の大手製造装置メーカー。

今は独立してKKRファンドの資本の元で成膜装置を製造。

工場は富山です。

日立グループは選択と集中で、電線やインフラ系に力を入れており、好調な国際電気は売れるうちに売りたかった模様。

中国に技術流出しないかが心配。

 

【ニューフレアテクノロジー

フォトマスクの描画装置メーカー。

EUV以降はマルチビームでの描画が必須となるが、同社はIMS・日本電子連合に完全に遅れを取っていると見ている人も多いです。

ただ、品質重視で来てマルチに遅れましたが、先端を追ってないわけではないです。

むしろ日本電子が背水の陣でマルチに行くしかなかった模様。

半導体業界なのに技術の最先端を追わないのが個人的には疑問符なのだが、業界の伸びの後押しの方が大きいとも言える。

 

【昭和電工

半導体業界ではエッチングガスに強いこの会社は、日立化成を買収したことで記憶に新しい。

Cl2(クリーニングガス)、HBr、CH3F (エッチングガス)、この他にも20種類程のガスを取り扱っています。

化学業界は半導体業界にぶら下がっている会社が多いのがよく分かると思います。

 

【日本電子

電子顕微鏡の大手ですが、その技術を半導体のマスク描画装置にも応用。

オーストリアのIMSと協同で最先端ロジックICマスク用の描画装置に着手。

年間10台くらいの市場だが、ほぼ独占。

マルチビーム方式は回路描画において大幅な時短となります。

半導体部門はこれからが勝負だが…。

 

【ホロン

恐らく殆どの人が知らないであろう企業です。株クラは名前くらい聞いたことあるかもですね。

ホロンは埼玉にあるJQ上場の中堅企業ですが、EUVマスク検査装置の独占企業。

レーザーテックがマクロだとすれば、ホロンはミクロに検査するのが得意な装置を生産。

当然、株価は昇竜拳済み。

 

 

他にもまだまだ色々な会社がありますが、残りはご自身で調べてみて下さいね!!

Sponsored Link

この記事の著者

Rid

製造業の現場から、経済を俯瞰している現場の沸騰経済学者。グローバルマクロ(実需+金融+政治経済)投資家。
副業ではアフィリエイターを卒業し、為替FXトレーダーへ(歴6年)。
この場で公開できる実績としては、30万円→140万円(2017~2018)、40万円→150万円(2019/11~12)、1万円→22万円(2020/3)、3万円→19万円(2020/5)など。ファンダメンタルズ分析で少額から短期間で大きく勝つ方法を発信中。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る