【FXトレード初心者】スワップ金利で稼ぐのは可能か?

Sponsored Link

今回は「金利」という概念に疎い日本人には少し難しい話かもしれません。

但し、金融業界で働いている人であったり、FXトレーダー、投資家にとっては物凄く当たり前の話なので、

FXトレーダー初心者向けの記事として書いていこうと思います。

ここから、少しずつ金融の知識も身に付けて行きましょうね!!

世界経済を俯瞰するためには、金融の知識も必須ですからね。

 

FXの損益の仕組み

「FXで稼ぐ」というのは2つの方法があります。

 

1つ目は、スポット損益です。これはつまり、アナタがイメージしている通り、

安いときに買って高く売る」もしくは、「高いときに売りを入れて安いときに利確する

これですね。

かく言う私も、99.9%はこの売買取引で利益を稼いでいます。

 

しかし、これは短期売買のトレーダーだからこそ。

FXには一応ですが、長期投資向けのスワップ損益というものもあります。

 

カンタンにイメージするなら、上の画像の通りです。

高金利通貨を買う方法です。

 

通貨には金利が付く

私たちが持っている「円」という通貨。

これってなんで価値があるんでしょうね???

 

「ユーロ」という紙幣もそうですし、「米ドル」という紙幣も、

単なる紙切れですが、取引手段としての価値があります。

 

例えば今、「100ドル(約1万円)あげます!!」って言われたら、欲しいですよね?

 

しかし、

しかしですよ。

 

トルコの通貨、「トルコリラ」。

こちらは今、銀行では両替出来ません。

となると、「トルコリラ」よりも「米ドル」の方が欲しいですよね??

 

そう、そんなワケで、

新興国や発展途上国、もしくは国家財政危機などの「不安のある国」「人々が住みたいと思わない国」の通貨は、

信用が低いんですよ。

 

しかし、通貨として価値を持たせたい。

そんな時に、価値を持たせる裏技が、「高金利」です。

 

つまり、「トルコリラを持っているだけで毎日100円あげますよ!!!

みたいな金利を付けて、投資マネーを世界中から集めるんです。

金利が高ければ高いほど、その通貨を買う人が増えてきます。

 

だから、新興国の通貨って、高金利なんですよね。

これを利用したのが、高金利通貨のスワップ運用というワケです。

「スワップ通貨」とも呼ばれます。

 

しかし世界は低金利時代

残念ながら、世界は今、低金利時代です。

高いスワップが貰えるとして、オーストラリアドルを保有する長期投資方法が一時期流行りましたが、

今、オーストラリアドルは高金利通貨ではありません。

 

むしろ、日本みたいに、マイナス金利にするかどうかの瀬戸際です。

これは新型コロナウイルスの影響が大きいですね。

 

高金利にすると、企業や家計はお金を借りにくくなります。

しかも、高金利にすると、その通貨を買いたいという人が増えます。

 

そうすると、その国の通貨は高くなります。(日本で言うと、「円高」になる)

これは非常に厄介で、自国通貨が相対的に高くなってしまうと、輸出に不利になってしまいます。

 

そんなこともあり、今はどの国の通貨も低金利です。

従って、スワップ金利で稼ぐということはほぼ不可能に近くなっています。

 

スワップ損益は毎日発生する

いわゆる「高金利通貨」を買っていれば、毎日スワップ金利の手数料を貰えるのですが、

逆に、低金利通貨を買っていると、毎日支払わなければなりません

 

スワップ金利ってそこまで大きな金額にはならないんですけど、

毎日コツコツ支払うのは地味にイタイです。

 

ですから、ポジションを持ったら、その日のうちに決済するデイトレードまたはスキャルピングトレードがオススメです。

これであれば、いちいちスワップを気にする必要はありません。

 

最近は低金利通貨だらけなので、基本どの通貨ペアを保有しても、

明け方にスワップポイントを払います。

 

塵も積もれば山となりますから、だったら翌日に持ち越さないデイトレードを基本スタイルにするのが合理的なトレード方法になるんじゃないかなと思います。

 

まとめ

証券会社も、あの手この手で投資をさせようとして、

スワップポイントを誘い文句にしたりしますが、

残念ながら、今スワップ金利の仕組みを利用した長期投資はオススメしません。

 

低金利通貨だらけですし、

そんな中で高金利にして世界中から投資マネーを呼び込んでる国って、

相当リスキーな国ですよ。笑

 

住みたいと思える国でない限り、その国の通貨を保有するメリットって基本ありません。

短期売買なら猶更で、わざわざ新興国通貨を取引するのは愚行です。

 

というワケで、今回はFXにおける利益を、

スポット損益とスワップ損益について書いてみました。

 

FXのトレード」と言った場合は、基本的にはスポットで利益を得ていく取引のことを指します。

今回の記事で書いた内容は、

基本的なFXの損益の仕組みとして、

ぜひおぼえておくようにしてしてくださいね!

Sponsored Link

この記事の著者

Rid

製造業の現場から、経済を俯瞰している現場の沸騰経済学者。グローバルマクロ(実需+金融+政治経済)投資家。
副業ではアフィリエイターを卒業し、為替FXトレーダーへ(歴6年)。
この場で公開できる実績としては、30万円→140万円(2017~2018)、40万円→150万円(2019/11~12)、1万円→22万円(2020/3)、3万円→19万円(2020/5)など。ファンダメンタルズ分析で少額から短期間で大きく勝つ方法を発信中。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る