【XMの評価】海外FX会社デビューならまずはココ!

Sponsored Link

XMは、海外FXに挑戦することを決めた方が最初に口座開設するべき取引所だと思います。

 

この記事では、XMの評価を書いていきます。

 

この記事を訪問していただいた方のお役にたてるように、第3者として公平な視点で書きます。証券会社は顧客の不利になるような施策を至る所で張り巡らせていますから、利用する側も、きちんと開設する取引所のことについては勉強しておくべきです。

 

そして、海外FX会社で口座をつくるにあたっては、法規則外になるので、自己責任で口座をつくる意識が大事です。

故に、信頼できる情報発信者から情報を得るようにしましょう。

この記事が、その一端を担うようになれば幸いです。

 

XMの口コミの真相?

XM会社

XMって日本国内では海外FXの代名詞みたいになっています。

私は当時は、「XMは広告費にお金を掛けている=無理やり顧客を獲得しなきゃやっていけないレベルの大したことない取引所」だと思っていて、口座開設をしていませんでした。

 

XMが破産して自分のお金が戻ってこなくなるという事態を想定するならば、FX会社がどういう評価を得ているかを知る必要があります。

財務省関東財務局

財務省関東財務局ではこういう扱いです。

つまり、法律にもとづいてXMに対して警告をしたということを公表しているわけです。

 

国としてはこうやって公表しておくことで、「XMはあやしい!」と、全国に対して宣言しているわけです。

但しこれは国の「きちんと対応してます」アピールで、実際にはこれ以上でも以下でもないのが実態です。

 

海外FXなのでこのような扱いがあるのは当たり前ですが、改めてこういう扱いを受けている会社であることは認識しておきましょう。

xm_社名

これはXMのサイトです。赤線のところを見てみてください。(スマホの場合は画面を横にすると画像が大きくなるとおもいます。)

XMって会社の名前じゃないんですよね。

正式名称はTrading Pointです。

XEMarketsと名乗っていた頃もありましたが、そのときも基本的には正式名称はTrading Pointでした。

創業は2009年です。

 

ちなみに世界でも5chのような掲示板(=Forex Factory)があるのですが、そこでの口コミを見ると、意外と悪い口コミが少ないんですよね。

海外での評価はそれなりにまともな方だと言うことが分かります。

 

XMの評価が比較的高めな理由

  1. 信託保全があるわりにレバレッジが高い
  2. ボーナスが多岐にわたっていて魅力的
  3. 財務基盤が強固なので通貨危機に強く、ゼロカットシステムがある
  4. 日本語サポートが比較的充実している

この辺が、XMが人気な理由だと思います。

 

XMはレバレッジが888倍

つまり、入金したお金の888倍までのポジションを持てるということ。

1万円入金したら、888万円入金したのと同じ資金量になります。

 

これは、少額から勝ちたい人にとっては嬉しいレバレッジ。

もちろん、「1万円分、負けた時は888万円分の負けになる」のですが、XMのスゴイところは、

1万円分の負けで済む=1万円失うだけで借金は負わない

ここにあります。

 

日本の証券口座であれば、「追証」と言って借金が発生しますから、

XMのレバレッジ888倍は、少額トレーダーにとってはメリットだらけです。

 

 

3000円口座開設ボーナスと入金ボーナス

次は魅力的なボーナスがついてくるという点です。

XMではボーナスが用意されています。

 

どんなボーナスかというと、3000円の口座開設時にもらえるボーナス+お金を入金したときにもらえるボーナスの2つ

ただ、単純にお金がもらえるワケではなく、XM内のポイント還元と言ったところです。

Sponsored Link

よく誤解されてしまうところですが。

 

ちなみに、入金したときのボーナス額については以下のとおりです。

入金額 適用ボーナス率 適用ボーナス額 合計取引可能額
500円 500円に対して100% 500円 1000円
5万円 5万円に対して100% 5万円 10万円
50万円 5万円に対して100%
45万円に対して20%
5万円+9万円=14万円 64万円
100万円 5万円に対して100%
95万円に対して20%
5万円+19万円=24万円 124万円
230万円 5万円に対して100%
225万円に対して20%
5万円+45万円=50万円 280万円

XMのボーナスについて

XMでは、本人確認をする、ポイントをボーナスに換える、といったときにもボーナスがもらえます。

これらのボーナスは、現金と同じようにトレードにつかうことができるんです。

要するに、ボーナスには口座残高を実質的に増やす効果があるということになります。

嬉しいポイントキャッシュバック制度というワケです。

 

まったく入金しなくても3000円分でトレードできる

最初から口座残高が3000円なので、入金せずともリアルトレードができるってことですね。

口座開設自体も当然無料なので、完全に1円も払わずにFXができるということになります。

 

まあもちろん、最初のボーナスの3000円はほぼ全員溶かします。笑

そうすると、利用者は入金をしてトレードを始めます。3000円以上入金するのは間違いないです。

初心者でも10,000円~50,000円くらいは入金しますから、XMとしては最初のボーナス3,000円分は、単なるマーケティング費用というワケです。

 

だとしても、入金100%ボーナス企画とかがたまにあるので、やはりXMのボーナスには惹かれますが。

 

通貨危機とゼロカットシステム

FXをやっていると、数年に1度は誰も想像しないような値動きが発生します。

最近だと、スイスフランショックですかね。

 

スイス中央銀行がスイスフランの価格を安定させていたのですが、限界が来て、「操作する止めた!!!」と発表したんですね。

そしたら、スイスフランの価格が吹き飛んだんです。

 

そのせいで破綻しかけた証券所が続出したのですが、XMはそれでもノーダメージでした。

財務基盤が安定している証拠です。

 

また、トレーダー保護の観点から見ても、「ゼロカットシステム」を採用しているので、

入金したお金以上の損失は負わない

ようになっています。

 

このゼロカットシステムがあるので、トレーダーは安心してトレードが出来ます。

例えば、1万円⇒10万円までお金が増えた後、1万円を出金して9万円から再スタートすれば、

このようなスイスフランショックが起こったとしても、その9万円が吹き飛ぶだけでノーダメージです。

 

反対に、吹き飛ぶ方向にポジションを持っていれば、9万円が100万、200万円になる可能性を秘めています。

リスクの割に、当たった時のリターンが大きくなるのもゼロカットシステムの特徴です。

 

 

XMの日本語サポートについて

最後は日本語サポートについてです。

XMでは電話、メール、チャットにて、日本語がネイティブの人が日本語サポートをしてくれています。

 

但し、あくまでも海外証券なので、英語の画面をダイレクトに(強引に)訳しただけの内容の画面もあります。

もしXMで口座開設する場合は、そこは我慢してつかいましょう。

 

ただ、これはきちんと書いておきますが、そういう側面はあるにしろ、致命的な弱点(出金ができない、など)がないのがXMの良いところなんですね。

 

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?

入出金の手数料がない分スプレッドが広いという側面があり、片やその広いスプレッドは企業としての透明性の表れです。

もし呑み行為をしていれば、取引におけるマージンは必要ないわけですからね。

とてもわかりやすい会社だとおもいます。

⇒XMで口座をつくる

リンクを貼っておきますので、もし興味のある方は口座つくってみてください。

最初から3000円入ってるし、とりあえずやってみるというのもいいかもです。

口座開設は無料です。

Sponsored Link

この記事の著者

Rid

とある化学メーカー勤務のサラリーマン。部署内、歴代最速で昇級。製造業の現場から、経済を俯瞰している現場の沸騰経済学者。企業研究+業界研究+技術研究=半歩先の未来予測へ。
一方では、会社員での給料を元手に投資の世界へ。為替を主戦場として、金融の世界からも世界経済を俯瞰している。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る