スカッシュ初心者の成長記録Act11【テイクバック】

Pocket

Sponsored Link

スカッシュ初心者の成長記録Act11は、テイクバックに焦点を当てた練習。

バックハンドのストレート練習がメインであったが、俺が思っていた「正しい素振り」を根底から覆されたことで、フォームの修正を余儀なくされた。

但し、慣れれば今よりも安定感は増すことは間違いなく、出来る限り今回教わったフォームで練習を積み重ねたい。

テイクバック時に「肩を回して下からスイングする」というのが今回の目から鱗ポイントで、理屈を聞くと確かに理にかなっている。

俺の場合は、左肩の上まで引いたラケットを(バックハンド時)、そのまま振り下ろしていたが、肩を回して後ろからスイングすると遠心力が働き、強い打球が打てる。

しかも、点でなく線で打球を捉えられるようになるので、ラケットの面の球持ちが良くなる。ひいては安定感に繋がるのだ。

そんなわけで、テイクバックはスカッシュにおいて非常に重要な要素と言える。

 

大きく振りかぶって

スカッシュの上位選手の映像を見れば一目瞭然だが、上手い人はテイクバックはかなり大きい。

大きい、というよりも正確にはラケットを頭の上まで高く上げている。

ソフトテニスの場合、特にレシーブの際に速いサーブに対応するためにテイクバックを小さくする傾向がある。

Sponsored Link

俺も比較的テイクバックは小さく、脇を締めてコンパクトに振りぬくスイングである。

しかし、スカッシュの場合はテイクバックをしっかり取る。

そこから、肩・腕を下に回してから打つことで安定した打球を打つことが出来る。

 

バックハンドの改善

テイクバックで手を左耳くらいまで高く上げる。

そこから無駄な?動作なくそのままスイングしていたが、今回教わった打ち方は手を一旦下に降ろして横からスイングする。

こうすることで、打球を点ではなく線で捉えることが出来る。

第3者の目線からも、「そっちの方がかっこよくて、それっぽい打ち方に見える」という意見を貰った。

実際に打ってみると、壁際のボールが取りやすくなった。

叩きつけるようにスイングしたのを横(下)からの軌道に変えたことで、特に守りのショットが打ちやすくなった。

まだ面の使い方が慣れておらず、スライスを掛け過ぎてフラットなショットが打てない時がある。

しかし、これは練習し続けていけば改善出来そうである。

今回教わったスイングが無意識で出来るようになれば、バックハンドが強力な武器になると思う。

感覚を忘れないように、毎回の練習で意識していきたい。

 

 

Sponsored Link

この記事の著者

Ridden

とあるメーカー勤務のサラリーマン。部署内、歴代最速で昇級。歴代最速で新卒の指導員を務めている。
一方では、会社員のジレンマを知り、給与所得以外の収入を作ることを決意。新卒1年目の冬、アフィリエイトで月収22万円を達成。その後アフィリエイトで稼いだ報酬と給料を元手にBOとFXへ。月利10%前後で安定的に資金を増やすことに成功中。日本及び世界経済が大好き過ぎて、経済を肌で実感する為に生きている。製造業の現場から、経済を俯瞰している現場の沸騰経済学者。好きなテレビ番組は「未来世紀ジパング」で、月額課金者でもある。暇さえあればスマホで当番組を視聴している。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る