スカッシュ初心者の成長記録Act3【バックハンド】

Pocket

Sponsored Link

スカッシュスクール3回目はバックハンドを練習した。

 

まず俺はソフトテニスプレイヤーだったので、裏面で打つという行為に慣れていない。スカッシュではもちろん、裏面を使ってバックを打つ。

 

大学1年生の時に硬式テニスを軽くかじったが、あれはあれでまた別物であったし、すぐに行かなくなったので記憶が無い。笑

 

だから、裏面で打つバックは遊びでやっていたバドミントンくらい。

 

しっかり練習して、スカッシュのバックに慣れていきたい。

 

 

バックハンド練習

 

講師の方に球出しをしてもらいながら、ストレートに打ち返す練習をした。

 

上手い人は左の壁際でラリーが出来る模様。コントロールが半端ないし、フットワークも恐ろしく良い。

 

写真のようにしっかりと身体を後ろにひねりながら、腕の回内を使って振りぬく。さながら居合切りのよう。

 

バチーン!と良い音がするように返さないと、壁に勢いが殺されて深く返せない。かといって壁の上の方に当てるとボールが浮き上がるのでチャンスボールになってしまう。

 

壁の下の方に当てつつも左後ろコーナーの深いところに返せるとGOOD。

 

まあそれが難しいんだけどね。

 

同じクラスのおばちゃんのスイングを講師が指摘していてよく分かったんだけど、テイクバックの時に手首を内側に捻るのはNG。強い打球が飛ばない。

Sponsored Link

 

軽くコックしたままあんまりくねくねさせないのがコツ。

 

あとはテニス打ちみたいにインパクトの瞬間、ラケットの先端(ヘッド)が下がらないようにしないとスイングスピードが上がらない。

 

いかにラケットのヘッドのスイングスピードを上げるかが大事だね。これから練習しよう。

 

QAS

 

講師から、「QAS」について学んだ。

 

  • Q:クイック
  • A:アジリティ(敏捷性)
  • S:スピード

スポーツでうまくなるなら、このQASを常に意識し、素早く動作をすることが大事なんだとか。

 

まあこれはソフトテニスでも一緒で、コート内でのんびりしてたら強い人には勝てないね。

 

運動不足の社会人には厳しいけど、少しずつ動けるようになっていくといいな~。

 

スカッシュの日本の暫定チャンピオン

 

 

講師の方もおっしゃっていたけど、自分がやっているスポーツのトップくらいは知っておきたい。

 

今の日本のスカッシュチャンピオンは、順天堂大学の机龍之介くんという子。

 

爽やかなイケメン選手で、スカッシュ王子のあだ名で通っている。

 

ちょっとハーフ顔ぽくて、スカッシュしてる映像見たけど普通にかっこいい!!

 

先日のアジア大会ではすぐに負けてしまったけど、まだ若いし、いつか世界のトップに立てるように頑張って欲しいですね!

Sponsored Link

この記事の著者

Ridden

とあるメーカー勤務のサラリーマン。部署内、歴代最速で昇級。歴代最速で新卒の指導員を務めている。
一方では、会社員のジレンマを知り、給与所得以外の収入を作ることを決意。新卒1年目の冬、アフィリエイトで月収22万円を達成。その後アフィリエイトで稼いだ報酬と給料を元手にBOとFXへ。月利10%前後で安定的に資金を増やすことに成功中。日本及び世界経済が大好き過ぎて、経済を肌で実感する為に生きている。製造業の現場から、経済を俯瞰している現場の沸騰経済学者。好きなテレビ番組は「未来世紀ジパング」で、月額課金者でもある。暇さえあればスマホで当番組を視聴している。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る