久しぶりの投稿と英会話教室の無料体験の感想

Sponsored Link

今日は英会話教室の無料体験授業に行ってきました。

ここ数か月、日曜日をダラダラと過ごしてしまうため、何か習い事を探していました。

スポーツジムやテニススクール、社会人サークルなどを探しましたが、①金欠なのでお金が掛からないもの②外出を強制されるものという2条件を踏まえた結果、英会話教室に行ってみることにしました。

会社の費用負担があるので、ほぼ無料で通えるのがGOOD!

大学受験の時はTOEIC700点あったのが、それ以降全く英語に触れなくなり、今では600点ちょい。笑

そもそも受験英語しかやっていなかったため、英会話は超絶苦手でド素人です。

そんなこともあって強制的に英語に触れる機会を作るのはアリ、という判断のもと新しい環境に身を投じることにしました。

ネイティブの先生と軽く会話して実力判定されましたが、案の定初級レベル。

分かっていたけど、ちょっと自分に腹が立った。笑

そのあとは海外オフィスとの電話のシチュエーションの練習。

「Can I speak to 〇〇?」

Sponsored Link

という質問に対して、

「Certainly, just a moment, please」

と答えると適度にフランクで良いよ~と教わりました。「Certainly」はこういう時に使うんですね、勉強になった。

そのあとは日本人スタッフに見積依頼。

私は知らずに行ったが、どうやら私の会社は法人契約を結んでいたようで、今はグループ会社に出向中でも、割引が適用出来ると教えてくれました。

わざわざ外出中の営業マンに聞いてくれて、とても有難かったです。予算ぴったりで見積もりを貰えました。

会社負担って素晴らしいです。年収が30万円くらい増えたのと同義。会社員の方は、利用できる制度は利用した方がいいですよ。

そんなこんなで、無事に体験授業を終えることが出来ました。

これから毎週日曜日、英語に触れる機会を作ります。半年くらいで受講は終わってしまいそうですが、そのあとはSkypeだったり独学だったり先に進むルートは色々あるかなと思っています。まずは基本のシチュエーションやフレーズを体系的に学ぶことからスタートですね。

Sponsored Link

この記事の著者

Rid

とある化学メーカー勤務のサラリーマン。部署内、歴代最速で昇級。歴代最速で新卒の指導員。製造業の現場から、経済を俯瞰している現場の沸騰経済学者。科学の発展と経済の未来を考えるのが好き。
一方では、会社員での給料を元手に投資の世界へ。為替を主戦場として、金融の世界からも世界経済を観察している。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る