予定で動きたがる人はなかなか成果が出せない理由

Sponsored Link

特に女性に多いんですけど、スケジュールを一杯に埋めたがる人って多いですよね。

 

これ、私的には大反対です。

 

その根拠は、「予定通りの人生しか送れないから」です。

 

これがタイトルの無いようにも繋がってくるんですけど、

今回は「予定通りに動きたがるな」というテーマで記事を書いていこうと思います。

 

スケジュール帳びっしりの女性

これ、本当に多いですよね。

 

スケジュール帳に、予定びっしりな女性。

 

休みがあれば、友達とご飯の予定を入れ、

生産性の低い1日を送りたがる女性。

 

私的にはこれ、大反対です。

 

なぜなら、「予定外の成長がない」からです。

 

例えばジムやヨガなどの習い事で自分磨きをするのは良いことだとは思うんですけど、

自分の能力を引き上げてくれる人からの誘いまでも断るのは、

自分でチャンスを捨てているのと同義です。

 

私の知り合いの経営者たちは、

「LINEで今日来る?って誘ったのにウジウジ理由付けて来ない奴はもう誘わない。確かに急な誘いだけど、予定を変更してくれない=俺に興味がないってことでしょ。」

とよく言っています。

 

レベルが高い人ほどこういうのは顕著なので、

あくまでも「予定」なのに、

その予定に縛られて「予定を変更しない」というのは非常に損です。

 

別にそれでも良い相手なら、予定を優先して構いませんが、

予定が無かったら会いたかった相手」だったとしたら、非常に損です。

 

予定調和な仕事しか出来ない

予定を重んじて行動する人は、予定通り以上の成果を上げられません。

 

つまり、最初の予定がよほど素晴らしいものでなければなりません。

 

しかし、「未来のことは誰にも分からない」というように、

最初から完璧な予定を立てることは不可能です。

 

しかし何故か、会社でも予定調和を好む人は沢山います。

 

こういう人は、誰かが新しいことをやろうとしたときに、

必ず「リスク」「想定需要」などという言葉を盾に、足を引っ張ろうとします。

 

確かに言っていることは間違っていないのですが、

それだと仕事のスピードは上がりませんし、スピードが上がらなければ成果は出ません。

 

新しいことをやろうとするときは、

基本的に答えがありません。

 

というより、答えが見えません

 

答えが見えない中で、目的のために物事を前に進めて行くのが仕事の本質です。

 

しかし、予定通りに動こうとする人は、

それを拒絶します。

 

確実に儲かるビジネスのみに投資をしようとしますが、

基本的にそんな簡単な商売などありませんので、

予定通りに動こうとする人がいると、そもそも仕事が成立しません。

 

1から売れる仕組みを構築するからこそ新規事業なのですが、

予定通りに動きたい人は、

新規事業は一生出来ないと思います。

 

永遠に、今売れている製品に守られて定年を迎えるしか、道はないでしょう。

 

おわりに

というワケで、今回のコラムでは、

予定通りに動こうとするな」というテーマで執筆してきました。

 

スケジュール帳を埋めたがるの、もう止めにしませんか?

 

予定はあくまでも予定なので、柔軟に変更することを前提としませんか?

 

成果を出したいのであれば、予定は都度変更して、

目的を達成するべく動くべきでしょう。

 

この記事が参考になった方は他の記事もご覧ください。あなたの能力アップにきっと役立つ記事が沢山あると思います。

Sponsored Link

この記事の著者

Rid

製造業の現場から、経済を俯瞰している現場の沸騰経済学者。グローバルマクロ(実需+金融+政治経済)投資家。
副業ではアフィリエイターを卒業し、為替FXトレーダーへ(歴6年)。
この場で公開できる実績としては、30万円→140万円(2017~2018)、40万円→150万円(2019/11~12)、1万円→22万円(2020/3)、3万円→19万円(2020/5)など。ファンダメンタルズ分析で少額から短期間で大きく勝つ方法を発信中。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る