他責思考女子は改善した方がいい話【Part1】

Sponsored Link

他責思考女子

 

これは私の造語です。

 

しかし、意味はすぐに分かると思います。

 

文字通り、「自分に不都合なことが起きると、他の人や物のせいにしてしまうヒステリック女子のこと」を指します。

 

そして、その対象が人の場合、感情的になって強い口調で相手に当たります。

 

これが他責思考女子の特徴です。

 

すぐに感情的になる。

 

すぐにキーキー言い出す。

 

あなたの周りにも必ず一人はいますよね????

 

え、もしかしてあなた自身が他責思考女子???

 

ギクッ!

 

ギクギクッ!!!

 

自覚があるならまだ良いです。自覚もなかったり、自身を正当化し始める人は世の中たくさんいます。

 

「男性は左脳、女性は右脳で生きている」

 

これは昔からよく言われていることです。

 

生物学的にその傾向はあるのかもしれませんね。

 

しかし、私は今の日本の他責思考女子の多さとその程度(レベル)については、一種の社会問題だと考えています。

 

私悪くない!あの人が悪い!」の主張具合、いつ見てもドン引きしますね。

 

社内もそうですし、社外の取引先を見ても同じです。

 

ヒステリックなんじゃないか?ってレベルで感情的になるんですよ。

 

もちろん、これは会社だけではありません。

 

思い返せば、小学生からずっとこういう女性いましたよね???

 

小学生から社会人になるまで、変わっていないんですよ。

Sponsored Link

 

この原因は、「ひたすらに甘やかされて育ってきたから」なんですよね。

 

誰も指摘しないんです。

 

誰も指摘出来ないんです。

 

特に会社では、パワハラ・セクハラで訴えられますし、周りの人の冷たい目(「あ~あ、自ら地雷踏みに行っちゃったよ( ^ω^)・・・」)もあるので、上司ですら指摘出来ないんですよね。

 

私の取引先の課長も言っていました。

 

「いや~、怒らせるとこえ~からさ!怒らせないようにするの大変なんだよ~~」

 

こんな会社日本中に沢山あります。社会問題ですからね。

 

甘さと優しさは別で、本当の優しさとは、周りがドン引きするような行動や言動を指摘してあげることだと思います。

 

他責思考で感情的になるあなたに対して、周りはドン引きしているんですよ。

 

え、どうでもいい人たちだから、別にドン引きされてもいい?

 

・・・はっきり言って、気持ち悪いですね。

 

周りを不快にさせることを良しとするならば、逆に不快なことをされても文句は言いませんよね?

 

でもそれって、突き詰めると戦争じゃないですか?

 

野生動物と変わらなくないですか?

 

私はその主張には反対です。

 

他責思考女子は改善すべきです。

 

レベルの高い人と付き合いたいのであれば、ドン引きされるような品の無い側面は改善されなければなりません。

 

「じゃあどうすれば改善出来るの?」ということについては、

 

次の記事で書いていこうと思います。

Sponsored Link

この記事の著者

Rid

とある化学メーカー勤務のサラリーマン。部署内、歴代最速で昇級。歴代最速で新卒の指導員。製造業の現場から、経済を俯瞰している現場の沸騰経済学者。科学の発展と経済の未来を考えるのが好き。
一方では、会社員での給料を元手に投資の世界へ。為替を主戦場として、金融の世界からも世界経済を観察している。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2019年 10月 30日

ページ上部へ戻る