化学メーカーってどんなとこ?②〜川上から川下まで〜

Sponsored Link

前回の記事では、

「化学メーカーの営業には2種類ある」

って話をしました。

今回は、

扱う製品が川上なのか、川中なのか、川下なのかで

働き方が変わる

というテーマで書いていきます!

そもそも、

そもそも、

「川上とか川下とかって何?」

って感じの人もいるかもしれませんが、

敢えてここでは説明しません。

雰囲気で感じ取ってください。笑

それかググってください。笑

 

では行きましょう。

まず、

化学メーカーの配属は、

会社にも寄りますが、

わりと運要素が絡みます。

もちろん、採用の段階で、

「この子は川上の部署かな。この子は間接部門…」

といった感じで、

人事はある程度の当たりを付けて

採用しています。

そういったプロセスの中で

配属が決まっていくことが一般的ですが、

担当商材は

人によってバラバラ。

同じ部署に同期3人配属、

なんてのは基本見たことがありません。

多くて2人まで。

基本1人でポツンと、

おっさん達の群れの中に

放たれるワケです。

もちろん、

四季報などで平均年齢を見た方はご存知かと思いますが、

化学メーカーは、

ある意味ではホワイト、

ある意味ではおバカさん増産フィールド、

リストラとは決して言わない

暗黙のリストラ(給料削減、福利厚生ダウン、子会社転籍)

これが水面下で行われている、

そんな環境なので、

基本どこの部署も平均年齢が40歳以上!!

笑笑

とまあ、

そんな余談はさておき、、、

化学メーカーは扱う製品が多く、

細かく見れば

製品の特徴が本当にバラバラです。

その中で、

まず分類出来るのが

川上〜川下のどこに位置する製品なのか

なんですけど、

ここからが本題なんですけど、

この続きは次の記事にて。笑

Sponsored Link

この記事の著者

Rid

製造業の現場から、経済を俯瞰している現場の沸騰経済学者。グローバルマクロ(実需+金融+政治経済)投資家。
副業ではアフィリエイターを卒業し、為替FXトレーダーへ(歴6年)。
この場で公開できる実績としては、30万円→140万円(2017~2018)、40万円→150万円(2019/11~12)、1万円→22万円(2020/3)、3万円→19万円(2020/5)など。ファンダメンタルズ分析で少額から短期間で大きく勝つ方法を発信中。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2020年 9月 25日

ページ上部へ戻る