就活で逆転勝利を掴みたいなら常識を疑え②〜合説のムダ〜

Sponsored Link

就活で逆転勝利を掴みたいシリーズ。

前回の記事では、

世の中の一般的な就活の方法を辿ったら、

スペックが高い人との差が、

全く縮まらないということを、

具体例と併せて説明しました。

今回は、

逆転勝利を掴みたいノンスペック就活は、

何を疑って行くべきか??

ということを書いていきます。

今回は、

「合説」

誰しもが一回は行ったことのある

「合同説明会」

のムダについて書いていきます。

ギクっとした方、

いるかもしれませんね。笑笑

就活の1番最初に、

1番最初にみんなが行く「合説」

どう考えても時間対効果が悪いです。

だって、

そもそも合説が行われるのは、

関東だと、

・幕張メッセ
・東京ビッグサイト
・パシフィコ横浜

が殆どでしょう?

ここまでの移動の往復、

平均2時間。

そして合説で説明を聞ける会社の数は、

10〜20社。

その中には超有名な大手企業も含まれる。。。

そもそも20社も、

20社以上も、

説明を聞ける就活生って

殆どいないように思います。

合説が10:00〜17:00だとして、

そこからランチに1時間掛けるとして、

6時間の間に20社???

どうせ友達と群れて行くんですから、

そんなに説明を聞けませんよ。。。

しかも、慣れないスーツを着ていくので、

その日の就活=合説

になってしまいます。

ランチ代も飲み物代も掛かるので、

合説は負担が大きいのです。

ムダなんです。

ムダ!ムダ!ムダ!笑

それを知っていたので、

私は一度も合説に行ったことがありません。

みんなが合説に行っている間は、

私はカフェに篭って、

ひたすらESを書いていました!!

だからこそ、

周りが20社程度しかESを出していない中で、

100社近くのESを提出できたのです。

じゃあ、合説に行かないってことは、

企業研究はどうしてたの??

っていう疑問ですが、、、

・就職四季報

・業界地図

・各社ホームページ

・採用ホームページ

・転職求人ページ

・その他ネットで集められる情報

これだけでも、

十分時間が掛かりますし、

これだけでも、

十分な企業研究が可能です。

逆転勝利を掴みたい就活生なら、

時間のコスパが悪いことは避け、

本質的に必要なことを、

最優先でやっていく必要があるんです!!

そんなワケで、、、

弱者は合説に行くな!!!

Sponsored Link

この記事の著者

Rid

製造業の現場から、経済を俯瞰している現場の沸騰経済学者。グローバルマクロ(実需+金融+政治経済)投資家。
副業ではアフィリエイターを卒業し、為替FXトレーダーへ(歴6年)。
この場で公開できる実績としては、30万円→140万円(2017~2018)、40万円→150万円(2019/11~12)、1万円→22万円(2020/3)、3万円→19万円(2020/5)など。ファンダメンタルズ分析で少額から短期間で大きく勝つ方法を発信中。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2020年 9月 27日

ページ上部へ戻る