就活でESが通らない人は正しい努力をした方が良い

Sponsored Link

企業ホームページやらアフィリエイトサイトが溢れている昨今、誰も読みはしないだろうけど、就活生に向けて徒然なるままに書いていこうと思います。

 

結論、「ESが全然通らない人は、”正しい努力”をした方が良いです。」

 

ESが通らないのは誰にだってあること。

 

でも、全く通らないというのは有り得ないです。

 

どう見ても、ESの作成段階で他の就活生より劣っている部分がある、ということですね。

 

だからこそ、1つでもマイナス要素を消して提出した方が良いと思います。

 

でも、自分ではどこが駄目なポイントか分からないんですよね。

 

そこで今回は、ざっくりだけど就活生のESで有りがちな駄目ポイントを、社会人である私の目線から語っていこうと思います。参考になるかは別として。笑

 

 

証明写真がダメ

見た目が大事だって言われているし、これは文句の付けようがない事実なのに、その辺の写真屋さんとか機械で適当な写真を撮って貼り付ける意味が分からないです。

 

絶対に、

 

絶対に、

 

腕の良いお店で写真を撮った方が良いですよ!!

 

最近のカメラ屋さんは、違和感の出ない範囲で加工をしてくれます。

 

芸能人やモデルですら同様の撮影をしているんだから、少しくらいお金払って、少しでも良い写真を提出した方が良いです。

 

但し、あまりにも加工のし過ぎで、「写真と雰囲気違いますね」と言われてしまうレベルだと逆効果になってしまうから注意です。笑

 

手書きかPC入力か

就職活動は、マクロに見て無駄。

 

日本は一刻も早くこんな茶番は止めた方がいいです。

 

むしろ、1人でやっていける人は就職なんかしないで起業した方がいいですよ。笑

 

でもね、全員が起業出来るわけもないんです。

 

起業できる思考回路と行動力が全員に備わっているわけでもないでしょう。

 

それに、基本的にはこの世の中は大企業が作り出す変化の渦の中で、ベンチャーや中小が隙間でビジネスを行っています。

 

今時は、ベンチャーでも変化の渦を作り出せる世の中になってきているけど、市場規模が大きくなればなるほど未だ大企業が強いのもまた事実。

 

だから、就職活動を選ぶなら、誰だって大企業に入りたいのが世の常。

 

そんな時、ESを手書きで書くかPC入力にするかも戦術の1つだと思います。

 

ここでの考え方は3つ。

 

  1. 字がうまい人は気合いと根性()で手書き。字が下手な人はPC入力。
  2. 日系の大企業はなるべく手書き。ベンチャーやハイテク企業ほどPC入力。
  3. 迷ったらPC入力。

これだけです。

 

私は書道を長年習っていたこともあり、字の綺麗さは褒められることが多いです。

 

だからこそ、ここという企業のESでは手書きで書きました。

 

結果、今の会社に内定貰った時も、「圧倒的に履歴書が綺麗だったから採った」と言われました。「え、それが決め手なの?」って感じでしたけど。笑

 

やはりここも重要な戦術ポイントだと思います。

 

ESの日本語がおかしい

これは①文字通りのおかしい(誤字脱字など)と、②文章構成がおかしい、の2パターンあります。

 

まず、誤字脱字は有り得ないです。

 

PC入力なら校正ボタンを押すだけでなく、必ず読み返しておかしいところが無いか探しましょう。

 

これは大前提。

 

これはどう考えても大前提。

 

次に、文章構成。

 

これが最初から完璧な人は学生100人いて1人か2人だと思います。

 

そもそも、まともな論文や文章なんて書いたことないんだから、いきなり出来る学生はマジで天才です。

 

文章構成のチェックポイントは沢山ありますけど、

 

非常に細かいところまで拘るなら、このレベルまで確認した方が良いです。

 

「私は~」

 

で文章を始めるパターンを連発。

 

「私は~」

 

って、そもそもお前のESじゃんか!!ってツッコミ入れてる人事もいると思います。笑

 

「私が貴社を志望した理由は~」

 

なんかで書き始めるESがあったら、

 

私が人事だったら「ここの文字数削って、他の部分深堀した方が良くない?」って思います。

 

ESは、短い文字数の中になるべく具体的な内容を盛り込む必要があります。

 

これも多いんですけど、

 

非常に多いんですけど、

 

抽象的な文章ばっかり書いている人。

 

短い文字数だから、具体的なことだけ書いてると「気を見て森を見ずパターン」に陥ってしまって余計に悪い。

 

だけど、抽象的な文ばかりで構成すると、本当に量産型ESになってしまいます。

 

またこのパターンかよ。つまんねーESだな。」って人事は思っているかもしれません。

 

発想をトンデモアイデアと勘違いしている

ESの設問では、①自己PR系②志望動機系③発想系、の3つの設問があります。

 

その中でも話題になりがちなのは、③の発想系。

 

ここは自由論述みたいなもんだから、企業側も確実にチェックします。

 

ここで、

 

発想系=面白いアイデア

 

だと思っている人、いませんか?

 

発想=ひらめき

 

ではないですよ。

 

そう思ってる人は、意味不明なESを書いていると思います。

 

発想とは。

 

発想とは、論理的思考力のことです。

 

「何故そう思ったか?」

 

「その発想は現実的か?

 

「その発想に至るまでの思考プロセスは妥当か?」

 

起業側はこういうところを見ていて、きちんと納得出来る内容かをチェックしています。

 

1日25時間になったら何をするか?」なんて質問に、

 

毎日1時間、英語の勉強や異文化理解につながる活動をする

 

なんて答えじゃ駄目。

 

これじゃ駄目です。

 

結論、「その1時間は、果たしてどの時間帯が増えるのか」によって、

 

答えは変わってきます。

 

朝なら勉強だとか、夜中なら睡眠だとか、昼なら仕事だとか、

 

場合分けして考えて、それによって答えを書いていかなきゃ全然論理的ではない。

 

このように、発想系の設問は論理的思考力を見ているから注意しましょう。

 

提出日が〆切直前

そもそも、大手ほど足切りフィルターを掛けています。

 

学歴以外のフィルターも掛けています。

 

何でフィルターが掛かるかというと、

 

応募人数が多過ぎるからです。

 

ここまでは良いですか?

 

となると、ES〆切の期間は、

 

「異常な数のESが届く」

 

読み切れない数のESが届くと思います。

 

そうなると、読まれないESは多数出てくるでしょう。

 

仮に全部読んでいる企業でも、流し読みになるのは間違いないです。

 

だったら、提出開始初日に出した方が良くないですか??

 

社会人相手だし、ES受付初日に提出するのはかなりの差別化だと思います。

 

もちろん、それだけ早くESを仕上げるコツというか、準備をしておく必要があるんですけどね。

 

フィルターに引っ掛かる企業にはそもそもESを出さない

これもリサーチ能力がものを言うんですけど、

 

フィルターって言っても、

 

色んなフィルターがあります。

 

女性はまだまだ不利ですね。

 

不愉快な話ですが、女性ってだけで不利な企業はまだまだ沢山あります。

 

家がどこにあるかも重要だし、学生時代の経験ももちろん重要。

 

だからこそ、「自分がフィルターに引っ掛かる企業にESは出さない」と割り切ることも必要。

 

身の丈に合った就職活動を心掛けた方がいいです。

 

どんなに足掻いても、フィルターをかける企業には入れません。

 

残念だけど、入れないんです。

 

これが日本社会の闇。

 

闇だけど、今更気にしても仕方ないでしょう。

 

日本には優良企業は星の数ほどあります。

 

私は大手企業を推奨するけど、確かに中小企業でも素晴らしい企業は沢山あります。

 

仕事柄、中小企業の技術力を目の当たりにするけど、下手な大手企業よりも将来性が抜群な企業はそれこそ星の数ほどあります。

 

だからこそ、わざわざフィルターに掛かるようば企業のESを作成するのは時間の無駄だし、人生の無駄遣いです。

 

他の企業のESを作成しましょう。

 

終わりに

今回は「ESが通らない」人向けに記事を書きました。

 

もちろんこれだけではないし、重要なポイントはまだまだ沢山あります。

 

だけど、まずはここから、

 

まずはこの記事で挙げたポイントから見直してみて欲しいです。

 

それが前提で、プラスαを積み重ねていきましょう。

Sponsored Link

この記事の著者

Rid

とある化学メーカー勤務のサラリーマン。部署内、歴代最速で昇級。製造業の現場から、経済を俯瞰している現場の沸騰経済学者。得意分野はグローバルマクロ(実需+金融+政治経済)。
副業ではアフィリエイターを卒業し、為替FXトレーダーへ(歴6年)。公開できる実績は30万円→140万円(2017~2018)、40万円→150万円(2019/11~12)、1万円→22万円(2020/3)、3万円→19万円(2020/5)など。ファンダメンタルズ分析で少額から短期間で大きく勝つ方法を発信中。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る