FXで追証や借金ってあるの?ロスカットとは?

Sponsored Link

FXのトレードをしていて、「追証」だったり「借金を負ってしまうこと」これはあるのでしょうか?

つまり、当初の証拠金よりもマイナスになる事ってあるのでしょうか?

せっかくトレードをして運用をしたいと思っていても、借金を負うリスクがあったら、

それってギャンブルみたいじゃないですか。

せめて入金した残高がゼロになるまでで、マイナスにはなりたくないですよね。

今回は、その点について解説していきたいと思います。

 

FXで借金を負う可能性

FXをはじめる方が気になって調べたりすることのひとつに、借金を負う可能性はあるのか?ということがあります。

たとえば、最初に証拠金を100万円入れたとして、

ロスカットされても100万円は無事だと思っていたのに、

元金の100万円よりもマイナスになる可能性があるのならトレードをしたくない、というような考え方です。

 

FXの取引は、最初にFX取引業者に証拠金を預け入れ、

それを元手に何倍もの通貨を購入することができるんですね。

 

レバレッジが効く、という言い方をします。

実際に取引を開始すると、為替相場の変動に伴い証拠金の額は増減します。

 

結論から書きますと、相場の状況によっては借金を負うこともあり得るということになります。

しかし、取引業者によっては借金を負うことはないです。

 

ロスカットとレバレッジ

証拠金を超える損失の発生を回避するため、

ロスカット」という制度があります。

ロスカットとは、証拠金がある一定の割合(ロスカットレベル)を下回った場合、

投資家の意思に関わらず、取引を自動的に決済するルールです。

 

このロスカットに大きく関わるのがレバレッジです。

レバレッジとは、取引金額と証拠金の割合(倍数)のことで、現在、法令により、上限が25倍に定められています。

例えば、1万円の証拠金を入れた際に、25万円分の取引をすることが出来るというワケです。

 

これが、少額からトレードが出来る正体。

 

ロスカットの仕組み

例えば、ある取引業者で、証拠金の割合が当初の50%に到達すると、

自動的にロスカットが実施されると仮定します。

 

口座資産10万、ドル円レート120円、レバレッジ=25倍の取引所なら、

1万通貨で1ロット持つのに必要な証拠金が4800円で、

最大で20ロットまで持てるということです。

 

この場合、強制ロスカットが50%なら2円60銭の変動まで耐えられます。

つまり、もしこの120円というレートのときに「買い」でエントリーし、

逆方向にチャートが動き始めたとしたら、

その場合は117円40銭までならばホールドしていられるということです。

 

逆に、117円40銭を下回った状態になると、

その時点で強制決済となるということです。

 

 

証拠金維持率とは?

上記の仕組みは、要するに、

借金を負う前に、取引業者が勝手に「ロスカット」して取引を決済させてしまうことなんですが、

分かりにくいので、

通常は証拠金維持率で判断できます。

 

証拠金維持率とは、必要な証拠金と実際に口座に入金されている資金との割合です。

例えば、現在口座に10万円入金されていると仮定します。

1ドル=100円のときレバレッジ25倍の取引で1万ドル分の購入をすると、

100円/ドル × 10,000ドル = 1,000,000円

1,000,000円 ÷ 25 = 40,000円

となることから取引に必要な証拠金は、4万円です。

 

このときの証拠金維持率は、

10万円 ÷ 4万円 × 100 = 250%

となります。

 

 

ロスカットのパーセンテージとアラート

上の例ではロスカットレベルを50%と仮定しましたが、

ロスカットレベルはFX取引業者によって異なります。

 

投資家による事前設定が可能な業者もあるので、取引を行う前に確認するとよいでしょう。

ロスカットに対する投資家側の対応としては、追加の証拠金(いわゆる追証)を預け入れるか、

手持ちの外貨を一部決済して証拠金維持率を引き上げるといった対処が必要となります。

 

なお、ロスカットはいきなり実施せず、事前にアラートメールなどを使い、投資家に注意喚起や警告を行うのが一般的です。

一般的にはロスカットレベル50%の業者で証拠金維持率が75%に達したときにメール配信を行うようなケースが普通です。

 

突発的な値動きに要注意!

以上のように、アラートメールによる注意喚起やロスカットなどにより、

証拠金以上の損失発生への対策は講じられてはいます。

 

しかし冒頭でも述べた通り、

為替レートが急激に変動した場合には為替相場がロスカットの水準から大幅に乖離し、

預け入れた証拠金以上の損失が発生することがあるんですね。

 

それでは、証拠金以上の損失が発生する危険性が高いのは、どのような場合でしょうか。

最もリスクが高いのは、戦争やテロの勃発、金融危機の発生、自然災害などに伴い予期せぬ事件が起きた場合などです。

こうしたときはそれまでの相場の流れは、完全に無効となってしまいます。

 

 

週明けの窓にも注意

また、外国為替市場が閉まる土日を挟んだ週明けも要注意です。

例えば、金曜日に米国雇用統計などの重要な経済指標が発表され、

その数値が事前の市場予想と大きくかけ離れた内容だった場合ですよね。

 

他には、相場に大きく影響する要人発言があった場合、著しい大口取引があった場合などにも、同様に週明けに相場が大きく変動する可能性があります。

このような場合、外国為替相場のローソク足チャートを確認すると、前営業日の終値と翌営業日の始値が不自然に大きくかけ離れていることがあります。

この空間をギャップ(窓)といいます。

 

窓が開いた後は、極めて短時間のうちに為替相場が落ち着きを取り戻すことが多いのですが、

その前に損失が確定してしまうことは充分考えられます。

 

おわりに

心配なら証拠金を多めに預け入れておく、証拠金のほとんどを使う取引を避ける、買いと売り両方のポジションを建てておく、など、

自分なりの対策を講じておく必要があるでしょう。

 

但し、上記の内容ですと、リスクが高いので、

多くのFXトレーダーは、借金を負うことが無い取引業者を使用していることが多いです。

 

実はそれは、海外の取引所、ということになります。

海外の取引所はレバレッジは数百倍で、口座資金が「ゼロ」でロスカットされるように出来ているところが多いです。

デメリットとしては、口座の資金を持ち逃げされても、

トレーダーは追いかけて捕まえることが出来ないという点です。

 

日本の業者なら口座資金が何だかんだ戻ってきますが、

海外が相手となると訴訟も難しいですからね。

 

そんなワケで、海外の取引所であればどこでも良い、というワケでもないのがFXのポイントになります。

私は色々な取引所を使っていますが、このブログではXMを紹介しています。

noteの少額チャレンジでも使用した取引所になります。

 

ここは大勢の日本人が愛用している取引所で、比較的信頼性は高い会社になります。

⇒XMについてはこちら

 

Sponsored Link

この記事の著者

Rid

製造業の現場から、経済を俯瞰している現場の沸騰経済学者。グローバルマクロ(実需+金融+政治経済)投資家。
副業ではアフィリエイターを卒業し、為替FXトレーダーへ(歴6年)。
この場で公開できる実績としては、30万円→140万円(2017~2018)、40万円→150万円(2019/11~12)、1万円→22万円(2020/3)、3万円→19万円(2020/5)など。ファンダメンタルズ分析で少額から短期間で大きく勝つ方法を発信中。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る